ネットショップで購入した骨董を買取してもらう

ネットショップで購入した骨董品を専門の業者で買取をして貰いたいと
考えた場合に、まず意識しておきたいのが、偽物の可能性もあるという事です。

鑑定書がついていれば、本物と簡単に考える人は少なくありませんが、
鑑定書が偽造されている可能性というのもあります。

ですから、鑑定書がつけられて販売されていたから、間違いなく
本物と簡単に考える事はおすすめできません。

反対に、鑑定書がなくても、本物という可能性もあります。
実際に本物かどうかは、まず鑑定に出すという事が重要になってきます。

この時にしておきたいのが、複数の業者で鑑定を受けるという事です。
骨董買取をしている業者に持ち込めば、本物かどうかを
しっかりと見分けてくれると考える人は少なくありませんが、
偽物と鑑定された物が、他の業者では本物と鑑定される事もあります。

それだけに、一つの業者で鑑定を受け、偽物といわれたからと、
そこで価値がない物と決めつける事はおすすめできません。

骨董として買取してもらえる茶道具の価値について

骨董品と一口に言っても色々な物がありますが、そんな中の一つが茶道具です。骨董品買取業者では、茶壺や茶瓶、茶筒、急須など幅広く茶道具の買取を行っているものです。

なお、実際の取引例としては、人間国宝に認定された人物の物や共箱に入った菓子鉢といった物がありますが、こういった骨董品は高価買取の対象にもなっていますので、覚えておくと良いでしょう。

売りたいと思っている物の中には、人間国宝に認定された人物の物が含まれているかもしれません。

また、共箱と別々に保管している物があるかもしれませんから注意が必要です。また、金額に差が出るポイントとして、箱書き、花押があります。

こういった物があれば、高く買い取ってもらいやすくなるものです。

このように、作家や付属品などによって買取価格が左右されるのが茶道具の世界ですが、道具の種類によっても左右されるもので、鉄瓶や金工品は高く買い取ってもらえる場合がありますので覚えておきたいところです。

骨董品買取での大津絵の価値

大津絵とは江戸時代を代表する民俗絵画のひとつとされた骨董品です。

特徴としては、神仏や人物、動物がユーモラスなタッチで描かれていることや、絵師のサインなどはなく道歌が添えられているなどのことです。
大津絵は道行く旅人に土産品として大変に好まれた物であり、護符として売られていた時期もある物でした。

しかし、明治時代になるとその文化は衰退してしまいましたが、その後再びその良さを評価されました。
現代においても骨董品として人気のある品物になります。

特に江戸時代初期の物はあまり出回っていないということで骨董品としての希少価値が高く、買取をしてもらう際には比較的高値の物となります。

家を片付けていた時に大津絵が見つかった場合、もしくはそれらしい絵が見つかった場合には、買取してもらうかしないかは別にして、それが果たして本物なのか偽物なのかということや、いつの時代の頃の物なのかというようなことを鑑定してもらうのも骨董品のことを知ることができる機会になることでしょう。

相続

急にまとまったお金が必要になったなどで、骨董品を買取に出すのは仕方ありませんが、もしそれほど急ぎの用事でなければ、代々受け継がれている大切な骨董品を買取に出すよりも、贈与をされた方がいいのではないでしょうか。

具体的には相続税と贈与税を比べた場合、後者の税率の方が高くなっていますので、相続の時に渡す形になるのではないでしょうか。
ただ後者には、何の配慮もなされていないというわけではありません。

110万円までの基礎控除制度が設けられていますので、それほど資産価値が高くないと見込まれるものでしたら、贈与も検討することができるのではないでしょうか。

また相続ではなく、贈与をした方がいい場合もあるでしょう。例えばアンティークコインなどですが、これは非常に資産価値が高くなってきています。
これらかも資産価値が上がり続けることが考えられる場合は、相続時まで待つよりも、生前に渡すことで、大幅に骨董品にかかる税金を減らすことができるでしょう。大切な骨董品を買取に出してしまうことで、手元になくなってしまいますので、買取を考える前に、いったん落ち着いて考えることが大切でしょう。

骨董品と開運

部屋の片付けでいらない品物が出てきたら買取を利用すると、不要品をお金に変えることができます。

骨董品が好きな人は、お店や定期的に開催される市場などに足を運んだ際、運気が上がるなどと勧められて購入してしまうことがあります。
しかし、自分が気に入って買ったものではなく、勧められて購入したものは部屋にも飾らずしまい込んだままにしてしまうことも割りと多くなります。

使わないで倉庫に置いたままにしておくのは運気的にも良くありませんから、部屋を片付けてスッキリさせるためにも骨董品買取店に売ってしまいます。
いらないものでも不当に低く買い取られては意味がありませんから、目利きのいるお店に査定を依頼することが肝心で、取扱件数や営業年数を参考に、老舗に頼んだ方が安心できます。

全国に出張も行い取り扱い件数が多いと、たくさんの品物を見てきて鑑定する能力も高くなっていますから、正確に品定めをして価格を提示してもらえます。

信頼できる骨董品買取店と親しくなっておけば、今後も良好な取引が行えます。

投資

骨董品を現在お持ちですか。品質や年代によりますが、高価買取してもらえることがあります。そんな骨董品ですが、投資として生かすことができるのです。

例えば所有者がその骨董品の価値がわからず、安値で販売したとします。
それを購入してから、鑑定業者に鑑定してもらえれば、購入金額より高値で買取してもらうことも十分可能です。

それを繰り返し実行すれば、投資として儲かることができます。ですがその方法を実行するには、骨董品についての知識と誰が何を持っているかという情報収集が欠かせません。

骨董品という理由だけで購入しても、物によって価値がない場合があるので、誰でも簡単に行えるわけではありません。しかし言い換えれば、ライバルが少ないことになるので骨董についての分野に興味があれば、適性を生かせることになります。
また本人にその素質があったとしても、買取には注意が必要です。鑑定業者によっては、価値を偽ることがあるからです。信頼できる鑑定業者探しも重要なポイントになりそうです。